夏の暑さを乗り切る「冷たい洋服」テクニック

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1648
  • ありがとう数:0

はじめに

TVでタレントのいとうあさこさんが言ってました。節電対策だけでなく純粋に「気持ちいい」からやっているようです。

STEP1[冷たい洋服とは…]

冷たい洋服とは、「冷蔵庫に洋服を入れておく」こと。
夏の暑い日はその服を着るときにひんやりして気持ちいいです。

着替えを冷蔵庫に入れておけば、着替えた時にひんやりしてクーラーいらずになります。

STEP2[ストッキングも!]

以前、テレビでいとうあさこさんがおすすめしていたのは、”ストッキング”。
冷蔵庫に入れておくとはくときにひんやりして気持ちいいんだとか。

節電のためというより、入れておくと気持ちいいから夏はやっていますよ、と言っていました。

STEP3[エリアを決めて]

入れる洋服はどうしても下着やTシャツ、靴下やストッキングになりそうです。
冷蔵庫でもエリアを決めてやってみるのはどうでしょうか。

また、保冷剤があれば、切る前の洋服の上に保冷剤を置いて冷たさを移してから着るというのもいいかもしれません。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ