知っておくと便利な海藻の栄養

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:13443
  • ありがとう数:0

はじめに

血圧上昇抑制、抗ピロリ菌、抗腫瘍作用等を持つと言われている栄養素『フコイダン』。
海藻にはこの『フコイダン』が多く含まれています。
海藻を摂取して病原菌から身を守りましょう!

STEP1

STEP2<b/> <海藻紹介 ~わかめ> </b>

ミネラルの一種であるヨード、カルシウム、マグネシウムが豊富で、バランスの良い食材です。

STEP3<b/> <海藻紹介 ~のり> </b>

カルシウム、カリウム、鉄などの他、ビタミンA、B1、B2、葉酸なども多く含みます。
”海の大豆”とも呼ばれています。

STEP4<b/> <海藻紹介 ~ひじき> </b> 

食物繊維の含有量は乾物で50%をこえ、腸の働きを助けます。

STEP5<b/> <海藻紹介 ~もずく> </b>

ぬめり成分である多糖類のフコイダンが含まれています。
水溶性植物繊維も含まれています。

STEP6<b/> <海藻紹介 ~昆布> </b>

ミネラルを多く含み、特にヨウ素の含有量は海藻の中でも特に多く含まれています。

STEP7<b/> <海藻紹介 ~めかぶ> </b>

アルギン酸やフコイダン等が含まれています。

STEP8<b/> <海藻ときのこ> </b>

海藻のうまみ成分は、主にグルタミン酸で、シイタケなどキノコのうまみ成分はグアニール酸です。 これら二つが組み合わさると、相乗効果でうまみがグンとアップします。

STEP9

 <簡単海藻レシピ ~めかぶうどん・そば> 

めかぶを出来上がったおうどんやおそばのトッピングとして入れる。

STEP10<b/> <簡単海藻レシピ ~のりチーズ巻き> </b>

一口大に切ったプロセスチーズを、焼きのりで巻いて食べます。

STEP11<b/> <簡単海藻レシピ ~昆布焼き> </b>

火に気をつけながら、パリッよするまで軽くあぶります。
お好みで、ごま油を塗ってからあぶってもおいしく出来ます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ