きつい靴下のゴムを緩める方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:26091
  • ありがとう数:0

はじめに

靴下のゴムがきつすぎて、脱いだときにゴム跡ができてしまった……ということはありませんか。
今回は、きつい靴下のゴムを緩める方法をご紹介します。

STEP1履き方を工夫

靴下を履くときに、ふくらはぎまで伸ばさずに足首あたりまで折り返して履きましょう。
足首はふくらはぎよりも細いので、締め付けがゆるくなります。

STEP2ゴムを切る

靴下を裏返して上の方(ずれないように締め付けている部分)に横方向に太さ0.1mm程度のゴム糸が通っています。
このゴム糸を糸切りバサミなどで切りましょう。
すると靴下は少しゆるくなります。どの程度ゆるくするかは切る本数次第です。なお、その後、切ったゴム糸の切れ端がはみ出すことがありますので、これは抜き取るか切り取ってください。

STEP3ペットボトルを使う

2リットルのペットボトルに靴下を履かせて、日光の当たる場所に2週間ほど置くと、靴下のゴムが劣化して、締め付けが弱くなります。
最適な放置期間はゴムの質によって差が出ますので、2,3日おきに外してみて様子を見てみましょう。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ