眠るときに靴下を履くのはNG? 冷えから足を守る方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:582
  • ありがとう数:0

はじめに

眠るときに靴下を履くことについて「血行が悪くなるから履いてはいけない」という意見と「足が冷えると熟睡できなくなる」という意見があります。
今回は、眠るときの靴下の是非についてと冷えから足を守る方法をご紹介します。

STEP1原則的にはNG

靴下のゴムが血行を阻害することと、足の裏は意外に汗をかくので、靴下を履いていると、体温調節に悪影響を及ぼします。
原則としては、眠るときに靴下を履かないほうが良いでしょう。

STEP2レッグウォーマー

足が冷えると眠れないから……冷え性が悪化してしまうから……と、靴下を履きたいという意見もあります。
そんなときにはレッグウォーマーがお勧めです。
不思議なことに足首を温めると、足の先まで暖かくなるのです。

STEP3大きい靴下

レッグウォーマーでは物足りなくて冷えてしまった……どうしても靴下をはかないと落ち着かない! という場合はワンサイズ大きい靴下を履きましょう。
締め付けられることがなく、血行が阻害されることもありません。
できれば通気性のいい素材のものを選びましょう。

まとめ

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ