デリケートな子供のための虫除けのコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:948
  • ありがとう数:0

はじめに

 これから蚊などの虫が多くなり、子供の虫除けが必須になります。
 こどもは肌も体もまだまだデリケートなので、虫除けにも気を使ってあげましょう!

STEP1虫除け剤はよく選ぶ

 多くの虫除け剤にはディートという成分が含まれています。ディートはもともとは米軍が野戦を行う兵士のために開発した成分。虫除け効果は高いのですが神経障害や皮膚炎などを起こすことがあり、子供への使用には厳しい規制を設けている国もあります。
 子供用ならば配合されていないのかと思いましたが、見てみるとかなり使われています。コストは高めになりますがシールタイプの虫除けや、天然素材の虫除けを選びましょう。天然素材の虫除けは効果が高くないので、シールタイプと併用するのもおすすめです。

STEP26ヶ月未満の赤ちゃんには虫除けは使わない

 まだ赤ちゃんのうちは肌に直接つけるような虫除け剤は避けましょう。ベビーカーに取り付ける虫除けネットなどもありますし、携帯用虫除けベープのような商品をベビーカーや抱っこならママのバッグにつけるといった工夫を。

STEP3家に置く虫除けも天然なものを選びたい

 家に置く虫除けもできるだけ天然なものが安心です。子供の手が届かないところに蚊取り線香や虫除けキャンドルを置くといった工夫をしてみましょう。ドラッグストアなどに売られている芳香剤タイプのハーブの虫除けは思った以上に臭いが強いので、赤ちゃんの近くに置くのはおすすめしません。昔ながらの蚊帳を吊ってあげると子供もよろこびます。

STEP4虫が多いところに行く時は白い長袖の服

 蚊は白っぽい色にはあまり集まらず、黒は逆に集まってきます。虫が山などに行くときは薄手の白い長袖の服を着せるなど工夫してあげましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ