体臭を抑えるコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1769
  • ありがとう数:0

はじめに

 暑くなってくると余計に気になる自分の体臭。
 臭いの原因により対処法もさまざまですが、できることから始めてきましょう!

STEP1加齢臭には抗酸化成分を摂る

 中年以降の男性の場合は、臭いの多くは脂などの酸化が原因のいわゆる加齢臭です。
 加齢臭を摂るためには、日々、たっぷりと抗酸化成分を摂る必要があります。色の濃い野菜、お茶類、赤ワインなどを取り入れてみましょう。
 タバコを吸う方は特に活性酸素が発生しますので、ビタミンCキャンディなどを吸ったら食べるというような工夫をしてみてください。
 また揚げ物など油っぽいものばかり食べているのも酸化を招きますので、控えめにして、食べるときにはレモンを搾るなど酸化させないようにしましょう。

STEP2すっきりシートを使う

 汗の臭いが気になる場合は、汗に雑菌が繁殖する前にふき取ると予防できます。ふくと清涼感のある使い捨てシートなどを使うのもおすすめです。
 また銀イオンなど抗菌作用の高い制汗剤を使うのもよいでしょう。

STEP3いわゆるワキガ臭の場合は注射で防止可能

 
 ワキガは脂肪分などを含んだ汗をだすアポクリン汗腺が多いことが原因。その場合も制汗剤を使い、汗をかいたらふきとり再び制汗剤を使うといったケアできだいぶ抑えられます。それでも気になる場合はレーザー治療や手術治療もありますが、抵抗がある人はボトックス注射を受けるという手も。効果は1シーズンなどになってしまいますが、手軽に受けられます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ