夏場の食材の扱いや調理方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:374
  • ありがとう数:0

はじめに

これからの季節、生の食材や冷たい料理を食べる機会が増えますが、それらを調理する際、気を付けるべき注意点がいくつかあります。食品が傷まないように管理、調理することを心がけたいですね!

STEP1<b>生の食材の取り扱い方</b>

・調理する直前に冷蔵庫から出しましょう。
・そのまま食べる場合は、食べる直前まで冷やしておきましょう。

STEP2<b>乾物の戻し方</b>

・加熱調理する場合は別ですが、いつもは水で戻す乾物も、この時期は湯通しするほうがベターです。目安は85℃以上で1分以上はつけておきましょう。

STEP3<b>調理時の注意点</b>

・冷たいものと熱いものを一緒にしないようにしましょう。
冷たい食材と熱いものを混ぜた後で全体を加熱する場合は構いませんが、サラダと炒め物など、冷たいものと加熱調理したものを合わせる時は、熱いものを人肌以下の温度まで下げてから合わせましょう。

まとめ

梅雨の季節は食材がすぐにダメになってしまいます。美味しいものは美味しい内に★大事にとっておかず、なるべく早めに食べてしまいましょう!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ