名刺交換した人を忘れないためのコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:529
  • ありがとう数:0

はじめに

特に営業職の人などは、日常的にたくさんの人と名刺交換していることもあって、あとで名刺を見返しながら、「この人、だれだっけなぁ」なんて忘れてしまうこともあるはず。そこで今回、名刺交換した人を忘れないためのコツをまとめました。

STEP1

〈1:その日のうちに復習〉

名刺って、もらってもすぐにしまいこんで、ろくすっぽ目を通さなかったりしますよね。そこで、もらったその日のうちに、「今日は誰と会ったんだっけ?」と名刺を読み返しながら確認すると、忘れにくくなるでしょう。

STEP2

〈2:名刺に特長を書く〉

もらった名刺はもう、あなたのもの。そこで、その名刺に「背が大きい」「声が枯れてる」など特長を書き込めば、後で見返してもわかりやすいでしょう。

STEP3

〈3:写真を撮らせてもらう〉

どうしても忘れたくない場合は、名刺をもらう時に写真を撮らせてもらって、パソコンで管理すると無敵です。ただし、個人情報的な面から、嫌がる人も多いと思いますので、無理じいはしないように。

まとめ

特に2の方法は簡単にできて、忘れにくいのでおすすめ。ぜひやってみてください!

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ