自転車の大会に出場するときの注意点

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:363
  • ありがとう数:0

はじめに

趣味が高じて、レース、大会に出場するときに気をつけることをまとめてみました。

STEP1[付属品をはずしておく]

付属品は禁止されている大会が多いです。
例えば、車輪止め、ライト、スピードメーター、これらのものは走行にあたり危険になる可能性があります。

禁止されているのに走っていると、マイクを持ったバイクが追いかけてきて「外してください」と言われることも。あらかじめ外しておきましょう。

STEP2[軽食を持っていく]

大抵、到着しても出場までに時間がある場合が多いです。
そのときはお腹がすかないように軽食を持っていきましょう。

お弁当のようなご飯と、チョコレート、飴などのものがいいでしょう。
チョコレートや飴は休憩時間に食べることができます。

STEP3[スポーツドリンクを持っていく]

飲み物も必要です。
特に、夏場の大会ではのどがかわきます。

多めにもっていかないと熱中症になってしまうこともあります。
参加する人は引換券をもらえることもありますが、それ以外に自分で買っていきましょう。

STEP4[後ろを振り返らない]

事故になると大けがをするのが自転車レース。
初心者のレースでもそれは言えます。

後ろから追い抜かされそうでも、振り返らない。
振り返った瞬間に事故を起こすのはよくある話です。

STEP5[端を走る]

初心者は、端(あるいはレースによっては真ん中)を走ってくださいと運営者から言われるはずです。

それだけは守りましょう。
後ろから早い集団が来たと思ってよけようとしたことが危険になることは多々あります。
「事故らず安全に!」これがマナーです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ