夏場に大根1本を使い切るコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:399
  • ありがとう数:0

はじめに

夏場の野菜が傷みやすい時期、
小家族だと大根を1本買うと使い切るのが大変ですね。
なるべく効率よく使って
新鮮なうちに食べてしまいたいものです。

STEP1<b/>葉付きを選ぶ</b>

買うときは葉っぱの付いた新鮮な物を選びましょう。
そのほうが長持ちするし、ビタミンC豊富な
葉の部分も料理に利用できてお得です。

むいた皮を細切りにし、さっとゆがいた葉と共に炒め
砂糖と醤油で味付けし、七味を振りかけてきんぴらに。

STEP2<b/>新しいうちにサラダで</b>

新しいうちにサラダやなますにして食べましょう。
千切りにして軽く塩を振り、さっと水で洗い、
帆立貝柱の缶詰と混ぜてマヨネーズ、
コショウで味付けします。
帆立貝柱の替わりにシーチキンでもOK。

STEP3<b/>大根は万能食材</b>

大根の定番料理おでんにしてもいい。
ゆでた大根とお湯に入れて油臭さを抜いた鰤のアラで
甘辛く煮た鰤のアラ煮もいいですね。

昆布を入れてゆでた大根に、味噌を乗せてふろふき大根。
淡白な味の大根は、どんな食材とも合うので
豊富なバリエーションが可能です。

まとめ

ラップをしてビニール袋に入れて
冷蔵庫で保存しましょう。
新聞紙にくるむと黒くなってしまいかねないので
皮が使えなくなってしまいますよ。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ