ツーリングでのパッキングを知る方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

初めてのツーリングは、
楽しさもさることながら、
多少の不安もあるかと思います。

今回は、パッキングの注意点をご紹介します。

STEP1バイクの形状を理解する。

基本的には、後ろに人を乗せて
ツーリングしない場合は、シートに
荷物を置くことになります。

レプリカやモトクロスなどバイクの形状に
よっては、工夫が必要ですが、
パッキングのポイントとしては、
どれだけうまくまとめられるかに
つきます。

つまり安定したライディングを確保する
ためにも、重いものを下に置くことは
もちろんですが、多少横に振ってもずれたり
しないよう、気をつけます。

STEP2網を利用する

パッキングの面倒な方も多いかと
思いますが、そのような方には
網がオススメです。

ゴム網は、大小ともにバイク店で売って
いますので、これを使用すると、
簡単にバイクのフックにひっかける
ことができます。

より安定を求めるかたには、その上に
さらに、ゴムロープで固定すると完璧です。
(こちらもバイク店で売っています。)

STEP3テントなどは

テントや寝袋を持ち運ぶ場合は、横幅に気をつけましょう。
ツーリングでは、高速道路や山間部などでは大丈夫ですが
街中に入ると、すり抜けをすることもあるかと思います。

ハンドルの幅とテントの幅をあらかじめ考えた上で、
パッキングの調整をしましょう。

STEP4タンクの上を利用する

バイクの形状で利用できる方は、タンクの上を利用頻度の
多い荷物を入れてパッキングに利用するのも、一つの方法です。

タンク用にマグネットのついたバッグを購入してもよいですが、
可能でしたらヒップパックなどを腰の前にまわしておけば、
必要なときに飲み物や財布を労せず取り出すことができて
便利です。

まとめ

パッキングするだけでも、ウキウキしてきませんか?
いい旅の一助になりましたら幸いです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

旅の仕度をうまくまとめたい気持ち

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ