子どものお宮参りの意味について知るポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:838
  • ありがとう数:0

はじめに

子どもが生れると、1ヶ月後あたりにお宮参りに出かけますが、どうして行くのでしょうか?

STEP1<b> 【どうしてお宮参りに行くの?】 </b>

お宮参りは、生れた子どもを初めて家の外に連れ出し、神社にお参りする儀式のことです。

昔は、自分の氏神を祀っている神社に連れて行き、新しい氏子として認めてもらうのが風習で、「氏子参り」とか「見参参り(げんぞまいり)」と呼ばれていました。
地域の一員として認められるための行事ですから、本来は氏神に参拝しないと意味がないのです。
とはいえ、今では近くの神社にお参りに行くというのが普通のようです。

STEP2<b> 【いつお宮参りをするの?】 </b>

日本では、古来からお産を忌みとしていましたので、母親はお産で穢れると考えられていました。
母親が穢れるのであれば、生れてくる子どもにも穢れがついていると考えられていましたので、お宮参りの儀式は、その子どもの穢れが晴れる日、つまり新生児の忌が明けた日に行われます。
子どもの忌は、東日本では、男子が三十日で、女子が三十一日、西日本では、男子が三十二日で、女子が三十三日といわれており、その日にお参りに行く事が多いです。
ただし、地域によっては、早いところで七日目に、遅いところで百日目に行うなど、全国的にはまちまちです。

STEP3

 【お宮参りで母親が赤ちゃんを抱かないのは?】 


お宮参りに行くときには、赤ちゃんを抱くのは父方の祖母で、その祖母がいなくても別の女性が抱くのが、正式なしきたりです。

これは、母親の「お産の忌み」がまだ明けていないと考えられているからです。
母親のお産の忌は、東日本で七十五日、西日本で百日と子どもの忌に比べて長いのです。
忌が明けていないと、本来は神社に参拝することはできませんから、母親が抱かないということになったのです。

まとめ

自分の氏神を探して、お宮参りをしましょう。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ