販売台数から選ぶ長く乗れるバイクの選び方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:732
  • ありがとう数:0

はじめに

バイクの選び方は様々ですが、
できることなら長く愛着を持って
長い間乗れるようなよいバイクと
めぐり合いたいものです。

中古車に限らず新車であっても
時折、故障が多い車種に当たって
しまったりと、ある程度の運が
介入することも多いバイク選びですが、

今回は、ちょっとした統計学的な
考えでバイクを選ぶ基準をご紹介します。

STEP1デザインや乗り味で決める以外の要素

バイクは見た目やのり味がもっとも重要な要素です。
それだけで決めてしまうのも、もちろんアリですが、
もう一点考慮してから決めるのもよいでしょう。

それは、売れている台数です。

STEP2値段が高い=潰れにくいではありません

新車を買う際でも、少し気をつけたいのですが、
バイクはメーカーから販売されて「完成」では
ありません。

本来なら、そうあってもほしいものですが、
新しいデザイン、新しいエンジンなど設計を新しく
したものを売りにした新車は、長く乗りたいという
意味合いでいえば、少し待ってみるのも手です。


これは、長くバイクライフを送っておられる方には
わかるかと思いますが、
新設計のバイクほど、売りに出されてから、ユーザーの
手に渡ってからの過程でが「完成品」に近づいていきます。

ユーザーの手に渡ってから、ちょっとしたミスや
商品化手前でのテストではわからなかった、疑問などが
出てきます。
それを直しながら、リニューアルを重ねるごとに、
バイクは(壊れにくい)完成品へと向かいます。

STEP3販売台数から選ぶ

つまり、そのバイクを購入したのユーザーが多いほど、
ユーザーからのリターンがあるため、よりよい商品に
なっている可能性が高いのです。

ですので、初売り出し始めのバイクは魅力的ですので、
そちらを優先してバイクを選ぶか、もう一つの安全策としては、
今回ご紹介したような観点から長く売り出されているバイクを
選ぶのも一つの選択ではあります。

このあたりをあらかじめ考慮して、選ばれると
どちらを基準に選んだとしても後々驚くことはありません。

まとめ

あまり乗っていないバイクを選ぶことは、
人とかぶるということが起きにくいことから、
バイク選びの基準になります。

ですが、壊れにくいとか、長期間乗れるという
観点で選ぶのであれば今回紹介した選び方が
一助になります。

楽しいバイクライフを送りましょう。

関連するタグ

必要なもの

作り手側から考える気持ち

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ