楽しい中型アメリカンバイクの選び方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4230
  • ありがとう数:0

はじめに

長くバイクライフを送っておられる方は
ご存知かもしれませんが、
二輪の販売台数は、数年前と比べても
多少ながら減少傾向にあります。

メーカーの出すニューデザインの
新車の数が以前と比べて少なく
なっていることは、よい製品が
少なくなったという意味ではないのですが、
やはり一時に比べて個性的なバイクが少なくなった
ことも事実です。

今回は、現行機種を含めた市場に出回る
中型のアメリカンバイクのオススメをご紹介します。

STEP1Vツインマグナ(HONDA)

国内でのアメリカンバイクの
先進的存在にはスティードがありますが、
250ccでは当時のバイク業界では新しさの目立つ
バイクでした。

後輪がスポークではないことも大きな
特長で、今では街になじむバイクですが、
当時は先進的フォルムとも相まって存在感の高いバイクでした。

エンジンもVT系と呼ばれるバイクのエンジンを流用したもので、
耐久性の高いバイクであるとの定評もあります。

車検のなさがポイントの高いバイクです。

STEP2バルカン(KAWASAKI)

キャッチコピーには、ハーレーの部品が流用できる
という売り文句から、リアルアメリカンを意識した
作りのアメリカンバイクです。
タイヤの太いクラシックタイプのフォルムと
チョッパー系と呼ばれるタイヤの細さが
目立つ昔ながらのアメリカンバイクを意識した
フォルムのバイクの種類があります。

特筆すべきは、エンジンにあります。
普通の国産アメリカンバイクは、エンジンの鼓動が
一定間隔の規則正しい爆発に対して、
こちらは、400ccと規模は小さいものの
ハーレー特有の不等間隔爆発が楽しめます。
出始めた当時は、車体の大きなバイクであること
からも、ハーレーと間違う方も多くおられます。

ドコドコというエンジン音が楽しいバイクです。

STEP3ドラッグスター(YAMAHA)

現在も販売されている400ccアメリカンバイクです。
ヤマハらしいスマートな印象を持ちながら、
性能のよさも目立つバイクです。

こちらもクラシックタイプがありますが、
大きな特徴としては、駆動形式がチェーン
ではなくシャフトドライブという点です。

バイクの特色として整備性が高いかどうかも
バイクを選ぶ要因の一つですが、
チェーンの掃除は何かと大変です。
その点、ドラッグスターは頻繁な掃除を
しなくてもよいという、利点が高いです。

まとめ

オススメはバルカンです。
中型バイクで不等間隔爆発というエンジン音は
あまりお目にかかれません。

最近はスクーターが主流になっておりますが、
バイクの鼓動やタンクの形状を楽しめる
アメリカンバイクの楽しみを是非味わってください。



必要なもの

バイク好きな気持ち

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ