夏バテを予防する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:240
  • ありがとう数:0

はじめに

今年の夏は暑そうですが、夏バテを予防するにはどうしたらよいのでしょうか。

STEP1<b>【夏バテとは】</b>

夏バテとは、夏の暑さや疲れから体調を崩した状態のことをいいます。そのため、夏バテの症状は、胃腸に出たり、精神的なものが出たりと、人によって違いがあります。

STEP2<b>【汗をかこう】</b>

汗には体温を調節するという大切な役割があります。暑いからとすぐに冷房をつけていては、汗腺機能が衰えてしまいます。

STEP3<b>【自律神経を整える】</b>

外の気温と部屋の中の気温が違いすぎると、自律神経がおかしくなります。自律神経がおかしくなると、ホルモンバランスが崩れ、体がだるくなったり、体が冷えてしまったりと、夏バテしてしまいます。また、汗で体温を調節することもできにくくなります。冷房はつけても外の気温とは5度以内の差にする、冷え過ぎた部屋では上着をはおるなどしましょう。

かといって、冷房をせず、暑過ぎて眠れなくても自律神経はおかしくなります。冷房は上手に使いましょう。

STEP4<b>【ビタミンB1をとろう】</b>

ビタミンB1には、糖質をエネルギーに変換させる役割があります。ビタミンB1は、豚肉や豆類、ナッツ類にたくさん含まれています。また、ニンニクやネギ、ニラはビタミンB1を吸収しやすくしますので、豚肉と一緒に食べるとよいでしょう。

STEP5<b>【水分を摂りすぎない】</b>

冷たい飲み物ばかり摂っていると、胃腸の働きが悪くなりますし、下痢を起こしてしまうこともあります。水分を摂らないと今度は熱中症の危険も出てきます。一度に飲まない、冷え過ぎたものばかり飲まないなど、注意して水分を摂りましょう。

まとめ

キュウリやスイカなどウリ科の野菜には、体を冷やす働きがありますので、毎日の食事に取り入れるようにしましょう。ほか、夏にできる作物には、同じように体の熱を下げるものが多いです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ