ダイエット効果のある食材の色を知るコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

太りやすい食べ物、太りにくい食べ物。 実は食材の色で分かります。

STEP1

STEP2<b/>【西洋医学と東洋医学】</b>

「肥満の原因は食べ過ぎ」というのは西洋医学的な考え方。
東洋医学では「肥満は新陳代謝の障害によって起こる」と考えられています。
つまり原因は、排泄力の低下によるものなのです。
デトックスに重点を置くことは東洋人体質に効果的なダイエット法なのです。

STEP3<b/>【食材の色が重要】</b>

同じカロリーでも食材の色によって身体への影響が違います。

「青・白・緑」は身体を冷やす作用があり、「赤・黒・橙」は身体を温めるため代謝がアップして痩せやすくなります。
つまり「赤・黒・橙」の食べ物を取る方がダイエット効果が得られやすいのです。

STEP4<b/>【太りやすいのは「青・白・緑」】</b>

「青・白・緑」の太りやすい食べ物
●牛乳
●うどん
●白ワイン
●白砂糖
●葉野菜全般
●マヨネーズ
●白身(青魚・肉の脂身)
●南法産(パイナップル・メロン・トマト・スイカなど)

STEP5<b/>【痩せやすいのは「赤・黒・橙」】</b>

「赤・黒・橙」の痩せやすい食べ物
●チーズ
●そば
●赤ワイン
●日本酒
●紅茶
●黒砂糖
●根菜
●海草
●みそ
●赤身(肉・魚)
●魚介(エビ・カニ・イカ・タコ・貝)
●北方産(りんご・さくらんぼ・ぶどう・プルーンなど)

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ