ベタの雌雄の見分け方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:8259
  • ありがとう数:0

はじめに

エアー装置がなくても大丈夫で、多少の水の劣化には強いベタ。
「グラスで飼える熱帯魚」という手軽さから、最近は熱帯魚店以外でも見かけるようになりましたね。
ヒレの小さなオスを詳しくない販売員が勘違いして、メスとして売っていることがあります・・・
今回は、ベタの雌雄の見分け方をご紹介します。

STEP1プラカット・プラガット

ベタにはいろんな種類がいて、一般的にはオスのヒレは大きく、メスは小さいのですが、そうではない種類もいます。
プラガットは、オスでもメスのようにヒレが小さくなっています。
このプラガットのベタをメスだと思って一緒にほかのオスと飼うと大変なことになってしまいます。どちらかがダウンするまで戦い続けます・・・
きちんとした専門知識のある熱帯魚店で買いましょう。

STEP2フレアリング

ベタのオスに鏡で自身の姿を見せたり、ほかのオスを見せるとヒレやえらを大きく広げます。
これをフレアリングといいます。
ベタのオスはフレアリングします。
メスは、多くの場合、しません。(たまに、気の強いメスもフレアリングしますが・・・)

STEP3泡巣

ベタのオスは、体調が良いときはメスがいなくても泡巣を作ります。
泡巣とは、泡で作った巣のことで、卵をお見つけるために作ります。
水面に2,3mmの泡の粒がたくさんできていたらそれが泡巣です。
この泡巣を作っていたのなら間違いなく、オスです。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ