大人として会話するために気をつけて話す方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

会話するときに、気づかない内に相手を不快にさせていることはありませんか? 少しの心遣いで相手の気持ちも和やかになります。

STEP1<b> 【使うのは避けたい幼稚な言葉】 </b>

話をしていて、相手に幼い印象を与える幼稚な言葉は、使わないようにしましょう。
「ら抜きことば」がその筆頭で、「見れる、食べれる」という言葉は、幼稚という印象を与えます。
同じように「超○○」という言葉や、「~みたく」、「やっぱり」、「だって」、「どうせ」など、どうしても幼く感じられますので、対等に話をしてもらえなくなります。

「なにげに」という言葉は、「なにげなく」という形容詞が変化した若者言葉で、国語辞典にも「なにげは誤用である」とはっきり書かれています。

何かを聞かれたときに「どっちでもいいです」などとは絶対に言わないようにしましょう。どちらかを選んで答えるのが一番ですが、本当にどちらでもよければ「おまかせします」と答えるのが大人です。

STEP2<b> 【間違えたくない敬語】 </b>

自分では敬語を使っているつもりでも、恥ずかしい使い方もあります。
相手の話に「と申しますと」と答える人が意外に多いのですが、これは明らかに間違いで、「申します」の主語は相手なので、相手をヘリくだらせたおかしな表現です。

「けっこうですか?」と相手に聞いている人もいますが、「けっこう」は謙譲語に使われる言葉ですので、「よろしいですか?」とするのが大人の言い回しです。

案外、おかしくないと思われているのが、「すみませんが」という言葉を頭につけること、「恐れ入りますが」に言い換えると、大人としての物言いになります。

STEP3<b> 【相手に失礼のない言い方】 </b>

会話の相手を下に見ているように受け取られる言い回しには気をつけたいものです。
「お世話さまです」という言葉は便利な言葉ですが、言葉が足りなく目上の人には使いたくありません。「お世話さまでございます」と使いましょう。
「こんにちは」という言葉も友達などに使う言葉で、目上の人には、きちんと礼をして「お世話になっております」ときちんと言いましょう。

「やる」という言葉は、下品な言葉とされていますので、品性を疑われてしまします。
代わりの言葉として「する」を使い、「します」、「いたします」と使えば印象が良いです。

相手をほめるときなどに「○○は上手ですね」とつい行ってしまいそうになりますが、「○○も上手ですね」と「は」を「も」に変えるだけで、言われる相手の気持ちも違います。

まとめ

大人な会話ができるようになれば、人間関係も円滑になります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ