陳さん直伝 食べるラー油の作り方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

 先日テレビで嵐の番組を見ていたら、中華の鉄人 陳 建一さんが、食べるラー油の作り方を教えていました。 「家でも出来る」ということなので、チャレンジしてみてはいかがですか。

STEP1<b>材料</b>

ラー油材料        具材材料
赤味噌    50g    ゴボウ    20g
豆板醤    20g    エシャロット 60g
コチュジャン 50g    ニンニク   20g
こぶ茶    6g     レンコン   20g
唐辛子    15g    干しエビ   20g
砂糖     15g
サラダ油   400cc  
ゴマ油    70cc     

STEP2<b>作り方(ラー油編)</b>

1. 砂糖以外の材料をボウルに入れて混ぜる
2. サラダ油とゴマ油を熱してから、1.のボウルに少しづつ入れる混ぜる
  油の温度は200度にする(温度計で測ること)
3. 30分ほど冷ます
  (きれいに上澄みと味噌になる部分が分かれる)
4. 冷めた3.に砂糖を加える

STEP3<b>作り方(具材編)</b>

1. ゴボウ、エシャロット、ニンニク、レンコンは薄切りにする
  切った野菜と干しエビを油で揚げる
2. 油をきった1.の材料を袋に入れ、手で揉みながら砕く
3. 砂糖を加えたラー油の上澄みを別の容器に移す
4. 砕いた2.を3.で残った味噌の方へ入れる
5. 上澄みを戻して混ぜる

STEP4<b>陳さんのポイント</b>

その1:砂糖は熱い所に入れると焦げて苦味が出てしまうので、必ず冷ましてから
    入れてください
その2:砂糖を入れる理由は、食べるラー油ということで辛味を抑えるためです
その3:ラー油の上澄みを一度移す理由は、油の方に具材を入れてしまうと食感が
    無くなってしまうからだそうです

まとめ

 本当に簡単にできて、約1時間で完成です。具材の野菜をちょっと変えて作ってみるのもいいと思います。 その際は、ぜひ陳さんのアドバイスを忘れずに! 出典:日本テレビ 嵐にしやがれ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

赤味噌    ゴボウ     豆板醤    エシャロット  コチュジャン ニンニク    こぶ茶    レンコン    唐辛子    干しエビ    砂糖      サラダ油      ゴマ油         

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ