辛いものを食べるときに辛さを抑える方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

辛い物好きは多いと思います。 しかしあまりにも辛くて食べられないなんてとき、食材によっては辛さを抑えることも。

STEP1【大根おろし】

焼き魚等に添えられる大根おろしが辛すぎるとき、この辛さを抑えるのに用意するのは、
お酢かレモンなどの柑橘系の絞り汁。
これを数滴垂らすことで大根おろしのすき刺すような辛味がスッと消えていきます。

STEP2【唐辛子】

次に唐辛子。唐辛子の辛味にはカフェオレが大活躍します。
唐辛子の辛さは味ではなく刺激です。舌の表面にある痛覚が刺激されることで辛いと感じてしまっているのです。
牛乳のたんぱく質で舌の細胞を覆ってあげれば刺激が痛覚まで届かず、辛さを抑えることが出来ます。

STEP3【刺激の辛さ】

唐辛子のように刺激物による辛さに対して、水は厳禁です。つい飲んでしまいがちですが、舌が洗い流されてしまうことでより鮮明に辛さを感じるようになります。

まとめ

※参考文献 リイド社 「裏ワザ全集」

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

お酢 レモン汁 カフェオレ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ