ペットボトルの中をぴかぴかにする方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1730
  • ありがとう数:0

はじめに

ペットボトルや水筒、哺乳瓶など・・・。口の径が小さくて、スポンジの入れられないものをぴかぴかに洗うのは大変。そこで、身近にあるもので簡単にぴかぴかにする方法を紹介します。

STEP1★使うもの

使うのは、食器用洗剤とスポンジ。

「???」と思われた方も多いでしょう。
そうなんです。お皿を洗うときと何ら変わらないものを使います。

ただし、ちょっとスポンジを加工して使います。
そのままではペットボトルの中に入らないですからね・・・。

STEP2★スポンジの加工

スポンジとハサミを用意します。

加工はとても簡単。
ハサミでスポンジを小さく切るだけです。

大きさの目安はペットボトルの口を通るギリギリの大きさに。
切ったスポンジは3~4個あれば十分です。

STEP3★洗い方

①洗いたいペットボトルの中に、切ったスポンジと食器用洗剤、水を少し入れます。

②フタを閉めるたり、ペットボトルの口を手で押さえるなどして、中身がこぼれないようにして、上下に振ります。しっかり振ってくださいね。

③あとはスポンジを取り出し、中の洗剤を洗い流します。

たったこれだけで、ペットボトルの内部がぴかぴかになります!

まとめ

ペットボトルなどの内部を洗う小さいスポンジは、市販のものでもあります。お店でそれを見ていて、ふと「これって普通のスポンジ切っちゃえばいいんじゃ・・・?」と試してみたのが始まりです。

我が家では次男の哺乳瓶を洗うのに大活躍。哺乳瓶専用の柄付きスポンジを買おうか悩んだのですが、大きくて邪魔なので却下。代わりにちびスポンジを使っているというわけです。もちろん哺乳瓶はいつもぴっかぴかです!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ