骨盤エクササイズできれいになる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by wanona0120
「骨盤が開いていると太りやすい。」などと聞きますよね。ですが、骨盤の影響は痩せたり太ったりだけではないようです。 体だけじゃなくて、行動力や感受性にも影響を与えているということです。

STEP1<b>【集中とリラックス】</b>

物事に集中するときは、骨盤が閉じてきゅっと引き締まるんだそうです。
→つまりは、骨盤が引き締まっていないと、集中力はキープできない!
逆に
リラックスしてゆったりしているときや物事を受け入れるときには、骨盤は開くんだそうです。
→つまりは、骨盤が引き締まりっぱなしだと、いろいろなことが受け入れられなくなってしまうのです。

STEP2<b>【行動力】</b>

骨盤は、足を動かすための大きな関節です。
→なので、骨盤の動きが悪くなると、やりたいことがあっても行動力が伴わなくなってしまう、ということなのです。

STEP3<b>【自由に開閉】</b>

骨盤が、開いているか閉じているかではなく、開いたり閉じたり、ゆるめたり引き締めたりを意識的に出来る、つまり骨盤の動きを良くすることが、大切なようです。

具体的にはどうすればいいのでしょう。

STEP4<b>【エクササイズ】</b>

そのためには『“骨盤底筋”を鍛える』ことが良いようです。

―骨盤底筋のためのエクササイズ―
①肛門をギューッと体の内側に絞り込むように締めます。
②そのままの力で5つ数えます。(力が緩まないように気をつけてください。)
③5つ数え終わったら、力を抜いて、5つ以上休みます。
 ※8回繰り返しを1セットとし、一日に数セットから10セット行ってください。

まとめ

骨盤底筋のトレーニングは、日常の動きの中でもできます。 立つとき、座るとき、歩くとき、荷物を持つとき、つり革につかまっているとき、肛門にキュっと力をいれる。これだけです。これだけですが、日常の所作の中に取り込めば、続けやすいですよね。 骨盤の動きを良くして、内側からさらにきれいになりましょう。 画像クレジット:Photoby VisionstylerPresshttp://www.igosso.net/flk/4017183070.html 参照サイト:http://harncare.jp/training/training_01.html 参考文献:骨盤リセット 奥谷まゆみ 王様文庫

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ