酢のマルチ活用法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

「酢」を使った料理は、健康に良く、ダイエットや美容にも効果があります。 他にも「酢」の使い道は色々です。見てみましょう。

STEP1《お酢美容液》

★自家製お酢美容液で、お肌しっとり!
肌の乾燥がひどい時は、自家製のお酢美容液を試してみませんか。
グリセリンのうるおいと酢の殺菌効果で、肌荒れを防ぎます。
◎作り方は「グリセリン1」に対して「酢5」の割合で混ぜ合わせます。

STEP2《お酢リンス》

★傷んだ髪に、簡単お酢ケア!
お酢がシャンプー後の髪に残ったアルカリ成分を中和させ、傷んだ髪をしっとりさせます。
◎シャンプー後、洗面器にお湯をはり、酢大さじ1を加えます。髪や頭皮にこの「お酢リンス」を含ませ軽くマッサージして、お湯でしっかり流します。

STEP3《酢水》

★二日酔いにも乗り物酔いにも酢水!
「コップ一杯の水+酢大さじ1」で肝機能アップで二日酔いに効き、乗り物酔いにはこの一杯の酢水を早めに飲むことで、胃の働きを活発にして、むかつきを抑えます。

★口臭にも酢水でクチュクチュ!
酢の強力なパワーで、口の中はスッキリ。酸味が苦手なら、リンゴ酢でもOKです。
もちろん、水で薄めずに酢ですすぐのも、効果ありです。

STEP4《酢ご飯》

★酢を毎日簡単に摂る!
お米1合に対して、酢5ccを入れて炊きます。
◎3合炊く場合
・お米3合をとぎ、決められた量の水を入れます。
・酢15cc(3合なので5cc×3)をその中にいれ、軽くまぜます。
・通常通り炊きます。

できあがると、酢のおかげでご飯は艶があり、臭いはほとんど感じません。
酢が苦手なお子さんでも、このご飯なら毎日酢が摂れます。

まとめ

【参照:読売ファミリー】

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ