世界の調味料を上手に使うコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

身近に手に入るようになった世界の調味料ですが、中には使い道が分からないものも… そんな世界の調味料の使い道をご紹介します。

STEP1《アジア》

◆チリソース◆
◎トマトソースに唐辛子、塩、スパイス、砂糖などを加えたもの。
◎生春巻き、魚の揚げ物のタレ、サラダのドレッシングなどに使用。

STEP2《タイ》

◆ナンプラー◆
◎魚介類を塩漬けにしてできた上澄み液を発酵させた、タイの代表。
◎日本の「しょうゆ」存在で、味は「しょっつる」のような感じ。
◎炒め物や煮物などに使用。

STEP3《中国》

◆オイスターソース◆
◎塩ゆでしたカキの煮汁が主原料。
◎中華料理には欠かせない。
◎炒め物、煮物、スープやタレなどに幅広く使用。

◆紹興酒◆
◎もち米を原料とした、中国の代表的な醸造酒。
◎独特の風味と甘味。
◎様々な中華料理に使用。

STEP4《イタリア》

◆白ワインビネガー◆
◎白ワインを酢酸発酵させて作る酢。
◎酸味が強く、フルーティーな香り。
◎ドレッシング、マリネ、ピクルスなどに使用。

◆バルサミコ酢◆
◎ブドウ果汁を濃縮し、長期間熟成させた果実酢。
◎酸味の中にも甘味もあり、スイーツにも使用。
◎ソースやドレッシングなどに使用。

STEP5《南米》

◆タバスコ◆
◎赤唐辛子に酢と塩を加えて熟成させたペッパーソース。
◎数滴でピリリとした辛みと酸味をプラス。
◎ピザやパスタ、ソースの味付け、スープなどに使用。

STEP6《カナダ》

◆メープルシロップ◆
◎カエデの樹液からできる甘味料。
◎ミネラルも豊富で、コクのある甘味。
◎シロップとしてかけたり、ケーキの生地に混ぜたり、料理のソースにも使用。

まとめ

【参照:よみうりファミリークッキング】

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ