症状にあった目薬選びのコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

目薬にもたくさんの種類があって、効果や用途も様々です。 目薬の種類などを覚えておくと便利です。

STEP1《ビタミン成分入りの目薬》

疲れて消耗した目に栄養を直接与えることができ、おススメです。目のかすみにはビタミンE、充血にはビタミンB群が配合されたものを試してみてください。

STEP2《保湿やうるおい成分入り目薬》

長時間のパソコン作業や、ドライアイの症状は、うるおい不足が考えられます。
栄養補給と共に、保湿をしてくれる成分がはいっているものがおススメです。
コンタクトレンズを使用している方は、「コンタクト装着時OK」といった記載があるものを選ぶようにしましょう。

STEP3《抗ヒスタミン剤が配合された目薬》

花粉症などのアレルギー症状によって、目がつらいというかたは、抗ヒスタミン剤が配合された目薬を上手く利用することで、症状を和らげることができます。
また「ものもらい」や「結膜炎」などの眼病にかかったときは、抗菌剤が入った目薬で効果があります。
しかし、どの場合でも、様子を見て良くならなかったり、悪化するようなら、早めに眼科を受診しましょう。

まとめ

お医者さんの説明や目薬の説明書にある回数を守ってさすようにしましょう。 【参照:目の疲れ解消法】

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ