じゃがいもを安全に食べる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

市販のじゃがいもで食中毒が起こる可能性は低いですが、家庭菜園や学校や幼稚園で育てたじゃがいもには注意が必要です。

STEP1《じゃがいもの毒素とは》

じゃがいもの発芽部分には有毒成分であるアルカロイドが含まれています。
芽だけでなく、じゃがいもは光に当たるとクロロフィルが作られ表面が緑色になるほか、アルカロイドも表皮の近くに作られます。

STEP2《アルカロイドの中毒症状》

食べて20分後くらいから、吐き気、おう吐、下痢、腹痛、脱力感、めまい、呼吸困難などの食中毒を起こすことがあります。一般的に軽症ですが、子どもの場合は20ミリグラム程度でも起こりえるので、注意が必要です。

STEP3《じゃがいもを安全に食べるために注意するべきこと》

・芽の部分はきちんと取り除いてください。
・緑色に変色した部分は、皮を厚めに剥いてください。
・じゃがいもの皮には身と比べてアルカロイドが多く含まれているので、少ない量で中毒になる可能性がある子どもには、なるべく皮をむいて食べさせた方が無難です。
・保管する時は、光の当たらない風通しのよい場所にしてください。
・自分で栽培した小さい未成熟なじゃがいもはアルカロイド含有量が多いと言われているので注意が必要です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ