もやしの根は取らなければならないもの? おいしくもやしと付き合うコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

もやしは、安くて、炒めたり茹でたりといろんな使い方ができる食材ですよね。 ときどき、「もやしのひげ根を取りましょう」と書かれたレシピを見かけますが、どうして取らなければならないのでしょうか。 理由をご紹介します。

STEP1もやしの根に毒?

もやしは、植物の種子が一番活発に成長している時期なので栄養価も高いのですが、腐敗も早く進みます。
時間が経ち腐敗してくると、根はタンニン、芽は微青酸に変化してしまいます。
根と芽の部分は、少量なので悪影響を及ぼすことはありませんが、風味は確実に落ちてしまいます。
気になる方は、根を取ってから調理するようにしましょう。

STEP2口当たりをよくするため

もやしの根をとる最大の理由は、口当たりをよくするためです。
ひげ根が残っていると、歯と歯の間に挟まったり口の中に残ったりして食感が悪くなってしまうからです。

STEP3根きりもやし

通常のもやしよりは幾分値段が高くなりますが、出荷前に根を切り取った「根きりもやし」が売られています。
口当たりがいいのはもちろんですが、ほかの利点もあります。根があらかじめ切り取られているので、劣化するスピードが遅くなるのです。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ