知っていれば1秒で回答できる、TOEIC穴埋め問題のコツ

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

私は3カ月の勉強期間で挑戦した初のTOEICテストで、810点をゲットしました。高得点に近づくには、短時間のうちに大量の穴埋め問題に回答し、しかも正解率をあげること。知っていれば1秒で正解に辿りつく、頻出問題の解き方のコツをお教えします。

STEP1よく出題される簡単熟語を暗記

TOEICの穴埋め問題によく出てくる簡単な熟語は、なにはともあれ暗記してしまうことがポイントです。

とはいえ数多く暗記するのは至難の業。短期間ではとても無理ですね。ですから、効率よく点数をとれる頻出熟語をしっかり選択して、それだけを最初に暗記することが重要です。

ここでぜひ暗記してほしい言葉があります。
「not only A but also B」(意味:「AだけでなくBも」)という熟語です。

STEP2問題文の中から熟語のかけらを探す

受験生にお馴染みの人気シリーズ本『1日1分レッスン! 新TOEIC Test千本ノック!』より、具体的な問題例を出してみましょう。

>From now on,employees in our company will have access to our floors
>through the use of elevator not only A,B,and C,( )also G,H,and I.
>A and
>B or
>C but
>D nor

さて、この問題文を読み進めたとき、熟語のかけらが本文内にあることに気がつきませんか? 最初に目に入るのが"not only"ですね。ここを見ただけで、もしかしたら「not only A but also B」の問題かな、とすばやく感じ取ります。

そして( )のすぐあとにalsoが出てくるから、もうこれは間違いなく 「not only A but also B」の問題!! 当然、( )の中の答えはCの"but"です。

STEP3問題文は最後まで読まなくてOK

TOEICテストの穴埋め問題は、とにかく短時間で次々と回答しなければ、時間が圧倒的に足りなくなります。
そこで問題文を読むときは、まず頻出熟語を探すこと。全体にサッと目を通し、「not only A but also B」について聞かれていると思ったら、穴の部分には"not""only""but""also"のどれかが入ります。適当なものを選んで、速攻、回答用紙に正解を書き込みましょう。問題文をすべて丁寧に完訳する必要はありません。

まとめ

ここでTOEIC短時間回答のコツをおさらいしておきましょう。 Point1.「not only A but also B」の問題であるかどうかを発見する。 Point2. 穴の中に"not""only""but""also"のどれかを入れる。 Point3. 問題文は丁寧に最後まで読む必要はない。 Point1~3を覚えておけば、これで穴埋め問題の正解&時間短縮に成功です! 出典元:『1日1分レッスン! 新TOEIC Test千本ノック!』p359~p360 中村澄子著 祥伝社黄金文庫

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

必要なもの

『1日1分レッスン! 新TOEIC Test千本ノック!』 中村澄子著 祥伝社黄金文庫

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ