暴力夫から逃げる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

暴力は絶対にいけない事です。

例えばあなたが相手にバカ!と言って殴られたら、相手は悪い口を聞いたあなたが悪いから殴ったと言うでしょう。

いいえ、あなたは絶対に悪くありません。

暴力を振るう人から今すぐ逃げましょう。



★刑事事件(裁判員裁判も多数経験)、離婚、交通事故、


不動産トラブル、労働事件、行政事件など幅広い案件に対応できる

弁護士の畑中優宏先生への非公開質問も可能です


 ●既にOKWAVEに登録している方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2677625.html?&slp=201803


 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

(メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1<b>【相談に行きましょう】</b>

もしあなたがまだ逃げる事を決めていなくても、相談する事はできます。
市役所・警察署・女性相談センターなど、とにかく相談をしておきましょう。
後々、離婚調停などになる場合にも大変有利です。

*電話相談*
東京都女性相談センター 03-5261-3110
東京都女性相談センター多摩支所 042-522-4232
東京ウィメンズプラザ 03-5467-2455

STEP2<b>【大切な物をまとめておきましょう】</b>

通帳、キャッシュカード、印鑑、母子手帳など最低限の物をすぐに持って行けるようにまとめておきましょう。
逃げる可能性があると、相手にばれないようにする事が重要です。
市役所や警察署、相談センターのアドバイスに沿って逃げるのならば、衣服・お金など持ってこられなくてもどうにでもなります。(私もその一人でしたよ!)
とりあえず、逃げましょう。

STEP3<b>【実行に移しましょう】</b>

実行に移す時は、あなたの判断だけでは危険です。
できれば市役所の方や電話相談で相談にのってもらった相手のアドバイスに沿って行動しましょう。

まとめ

相手が変わってくれるかも・・
自分が変われば良いのかも・・
私が悪いから殴られるんだ・・

と思うかもしれません。
でも、あなたは悪くありません!!
逃げるが勝ち!その先には素晴らしい人生が待っていますよ!(^^)!

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ