あのミミズみたいな釣りエサの、正しい付け方って?

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2943
  • ありがとう数:0

はじめに

釣りに初めて連れて行ってもらって最初に驚く事って、なんでしょうか?場所や種類にもよりますが、釣りエサのグロテスクさに素人の女性がゲンナリ…なんて場面も。針先につけるだけじゃあ、すぐ外れる上に、魚はほとんど釣れません。今回はその中でも群を抜いて触り難い「ゴカイ」系のエサの基本的な付け方をご紹介。ふっきれましょう。(笑)

STEP1

ウネウネと動き回ってますが、まずは頭部を探します。進行方向であったり、尾に比べて太くなっていたりするので、そこで判断できます。

STEP2

頭を両サイドからがっちり掴みます。噛まれると相当痛いので気をつけて;;

STEP3

針先を口からグサリと体に刺し込みます。苦痛の叫びが聞こえてきそうな画づらですが…ふっきれましょう。針の形に沿って、体を通していきます。

STEP4

そしてちょうど頭が針と糸の結び目あたりまで来るように、針先を体からブスリと突き抜けさせます。針には大概「カエシ」が付いているので、これで潮の流れ程度では流されません。

STEP5

これが基本の付け方です。何て残酷な…などと思ってしまうかもしれませんが、正しく付けれていなかった人は、これで釣果もアップするかも。

まとめ

狙う魚によっては。ここからさらにボディをはさみでぶつ切りにしたりします。エサ釣りって、繊細な人にとっては釣る前から結構壁が多いかも。

関連するタグ

必要なもの

釣り具一式、針、ゴカイ(アオイソメ・アオムシ・マムシ等)、ウェットティッシュ(苦手な人が手を拭く様に)

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ