救急救命士になる方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

救急救命士になるには?

STEP1<b>【救急救命士】</b>

救急救命士は、救急車などで救急救命処置を施し、病院に着くまでの間の危険な状態を救う役割を担っています。医者ではない為、処置に制限もあり、特定行為などを行う時は、医師の指導のもとに行う必要があります。
救急救命士は国家資格なので、なる為には資格を取らなければなりません。

STEP2<b>【二つの資格が必要】</b>

救急救命士になり、救急車などの救急隊員として活躍する為には、消防官の資格も必要になります。消防官の資格と、救急救命士の資格はどちらからでも取ることが出来ますが、両方合格して初めて、救急車などの救急救命士になる事が出来るでしょう。

STEP3<b>【資格の取り方】</b>

救急救命士の資格からとる場合は、先に専門学校や大学など救急救命士の養成所で学ぶ必要があり、養成所に通い、受験資格を得て、救急救命士の資格を取ったら、消防官の採用試験を受けて、消防官の資格を取りましょう。

消防官になってから救急救命士になるには、救急隊員として、必要とされる経験を積んだ後、養成所などで研修を受け、救急救命士の試験を受けて資格を取ることになります。

救急救命士の資格をとった後も、病院実習などがあります。

まとめ

救急救命士になる為には、様々な試練を乗り越えなければいけない上、勤務する上でも判断力や体力などが必要なハードな仕事ですが、人の命を救うというかけがえのない仕事です。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ