リンパマッサージのコツ

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:570
  • ありがとう数:0

はじめに

昨今、エステや美容関係でよく耳にするリンパマッサージ。進められるままに基礎化粧品をつける際に耳の下の首の付け根を抑えるけれど、どんな理屈でどんな効果を求めてやっているのかイマイチよく分かっていない…なんてことになっていませんか?

今回、そもそもリンパとは何なのかを整理し、効果的なリンパマッサージを行うコツを紹介します。

STEP1<b>リンパとは?</b>

リンパとは、体内全体に網目状に広がるリンパ管とその中を流れるリンパ液、そしてリンパ管の中継点であるリンパ節の総称のことです。

STEP2<b>リンパの役割</b>

体内全体に張り巡らされたリンパ管を通るリンパ液は体内で不要となった老廃物や疲労物資を回収し、リンパ節でろ過します。
つまり、このリンパ液の流れが滞ると老廃物や疲労物資が体内にとどまりむくみの原因となります。結果、毒素が体内に蓄積し、栄養の吸収が不十分となったり免疫機能の低下を引き起こしたりと、ダイエットや健康面に悪影響を与えます。

STEP3<b>リンパマッサージの有効性</b>

リンパ液の滞りは、加齢や不摂生など、生理現象からストレスといった様々な理由から起こります。その対策として有効なのがリンパ節をほぐし、リンパ液の流れをよくすることです。すなわち、これがリンパマッサージ、ということになります。

STEP4<b>リンパマッサージのコツ</b>

コツとしては次の3点となります。

①まずは鎖骨から順番にマッサージする。
 鎖骨のくぼみにあるリンパ節は、体内を駆け巡ったリンパ液が最終的に集まる場所。
 ここにあつまったリンパ液は、静脈に合流後心臓に流れ、老廃物は腎臓を経由して
 外に排出という流れになる。よって、リンパ液の最終到達点(出口)である鎖骨の
 リンパ節をまずはほぐしておかないと他のリンパ節をマッサージしてもマッサージの
 効果が出にくいことになる。

②マッサージは心地よい程度の力で行う。
 強い力でマッサージするとリンパ管やリンパ節を傷つけることがあるので、力を入れ
 過ぎず心地よい程度でマッサージする。

③効果的な全身マッサージコース
 鎖骨⇒首⇒脇の下⇒脚の付け根⇒ひざ裏
 ※鎖骨を中心に範囲を広げていくのが効果的です。
 

まとめ

リンパマッサージを行うにあたって、鎖骨のくぼみにあるリンパ節が重要であること、また、力の加減は抑えることというのを意識していた方は意外に少なかったのでは?
より効果的なリンパマッサージを行って、ダイエットやボディラインのキープに役立ててみてはいかがでしょうか。

参考にした雑誌はこちら⇒
アテニアNo.184(平成23年6月発行)20ページ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ