シジミの砂抜き

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kikukikupon
 昔から肝臓に良いとされているシジミ。毎日でも口にしたい食材ですが、砂抜きが少し面倒なのが難点です。  手間をかければ、砂抜きはもちろんのこと、更に美味しいシジミにすることが出来ます。

STEP1●シジミは汽水域の二枚貝です

 汽水の塩分濃度は0.05~3.5%です。水100mlに対し塩を1gほど入れれば、シジミが生息していただろう塩分濃度になります。でも、いちいち測るのは面倒です。

 コップ1杯のぬるま湯を用意します。そこに一つまみ塩を入れて、よく溶かしてください。舐めてみて、「味がしなければ」OKです。

 鼻うがいをして痛くない濃度、と記す方が判り易いでしょうか。生理食塩水と同じ濃度であれば、多くのシジミは過ごしやすい環境になります。

STEP2●砂抜き用の床材を用意します

Photo by kikukikupon
 あった方が砂を吐き出しやすくなります。無くても結構です。粒の大きい砂を用意してください。ここではサンゴ砂を使用しています。

 シジミは川の中では、砂に立って過ごしています。その状態を作ってやることにより、吸水と排水をし易くさせるのです。結果、砂抜きが上手くいきます。

STEP3●シジミに餌をやります

Photo by kikukikupon
 完全に砂抜きをするには、一晩かかります。その間にシジミの身が細り、味が落ちてしまいます。

シジミの主食は藻類です。身近にある藻類、青海苔をエサとして与えます。これで身は細ることは無く、また青海苔の風味の付いたシジミになります。青海苔が無ければ、ダシ昆布を蓋のように被せておくのでもOKです。

まとめ

面倒ですが、これでかなり味が変わります。お試しください。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ