疲れの取れるお風呂の入り方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:805
  • ありがとう数:0

はじめに

シャワーだけではいけません

STEP1◆シャワーで終わらせてませんか?

疲れて仕事から帰ってきて、面倒くさくて、湯船につからずに
シャワーだけですませてませんか?
疲れていても、湯船につかった方が、疲れは取れるんです。

STEP2◆なぜ、湯船につかるのがよいのか

湯船に浸かると、体が芯から温まり、血行も良くなって、
たまった疲れやむくみが取れやすくなるという効果があります。
さらにリラックス効果があるので、入浴した後はぐっすりと
眠ることができる ようになります。

STEP3◆リラックス効果の高いお風呂の入り方

よりリラックス効果の高いお風呂の入り方を考えてみましょう。

半身浴で、ゆったりとお風呂に浸かる事が効果的です。
じんわりと汗をかくと、代謝も良くなり、そのうえ湯冷めもしにくくなります。

ぬるめのお湯にすることで体に負担をかけずにすみます。
肩までゆっくりつかるのではなく、みぞおちの高さ位までお湯がくるように
するのがよいでしょう。
20~30分が目安で、ぬるめの温度でも汗が出てくるぐらいがおすすめです。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ