お礼のはがきのを簡単、簡潔に書く方法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

頂きものをしたとき、メールや電話でお礼の言葉を伝えることが多いですが、目上の方に失礼のないよう簡単、簡潔にはがきに書く方法を紹介します。

STEP1<b/>校正</b>

①前文
②主文
③末文の3本柱

各平均2行程度

STEP2<b/>前文</b>

頭語(前略・拝啓など)
時候のあいさつ

相手の安否をたずねることば
(おくりものに対する礼状の場合は、おくりものが相手が元気だというあいさつがわりでもあるので、問う形はつかわない)
例)お元気でお過ごしのことと存じます。

STEP3<b/>主文</b>

起語
本文

感謝の気持ちを伝えるメイン・パート
相手の好意に対する感謝の気持ちや喜びが正確に伝わるよう、わかりやすく簡潔にまとめる。

STEP4<b/>末文</b>

自愛や繁栄を祈る言葉
用件を結ぶ言葉
結語

相手の健康と幸せを祈る結びのあいさつで締めくくる。

例)ご自愛のほどお祈り申しあげます。
  まずはお礼まで

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ