渋原系に学ぶ靴下の目からウロコの活用法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:496
  • ありがとう数:0

はじめに

流行を追いながら流行にこびすぎない、渋原系ファッション。

STEP1<b>原宿系の靴下はきこなし</b>

流行を追いながら流行にこびすぎない、独自のファッションを開拓し続ける渋原系女子。ファッションは足下から。という事で彼女達の靴下の着こなし方を紹介します。

STEP2<b>ふつうはこうはく</b>

多くの方が靴下のはき方のアレンジはくるぶしから上の布部分を、詰めてくしゅくしゅにしたり、折り返す方法をとっているのではないでしょうか。私も今まで何の疑問も感じてはいませんでしたが、この方法だとどんなかわいい柄も100%の状態で見せる事はできませんよね。そこで、渋原系の彼女達がとった着こなしの技はまさに目からウロコだったのです。

STEP3<b>ポイントは靴下を裏表にはく事</b>

コットンなど厚手の素材の靴下は、ショートブーツや町中用の登山靴系、バスケットシューズなどを履く場合、靴より上に出ている靴下の部分を折り返ます。
そうすると靴下を折り返した事で靴下の表部分が現れ、靴からのぞく靴下の柄が鮮やかに見える事になります。

パンプスやデッキシューズの場合はストッキング素材を使った薄手のおしゃれ靴下を選びます。
縫製のある部分は靴で隠れてしまうので問題はなし、なのです。

STEP4<b>実際にやってみたら</b>

実際にこの方法で靴下をはいたところ見てみると、確かに足首あたりがしまって見え、よりかわいさがアップして見えるから不思議です。
皆さんも一度試してみてはいかがですか?

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ