体に優しいお酒の飲み方

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1850
  • ありがとう数:0

はじめに

居酒屋などで飲み会に参加するとき、うっかりテンションがあがって
ガブガブお酒を飲んでしまい、後で具合が悪くなったことありませんか?

これからお伝えするポイントを押さえておくと、
体にやさしいお酒の飲み方ができます。

STEP1空きっ腹でアルコールを摂取するのはやめましょう。

悪酔いする上に、胃にもよくありません。
のちのちこれが効いてくると、食べたものを戻したくなります。

事前に食事を摂っていれば問題ありませんが、そうでない場合、
最初の乾杯では口を湿らす程度で押さえておき、
おつまみがくるまでおしゃべりでもしていましょう。

注文した品が遅い場合、水などでも構いません。
とにかく、お酒を飲む順番を2~3番後にしてください。
口に入れる順番が遅いほど良いです。

STEP2アルコール度数の弱いものから注文し、

酔いたくなったら強いものに切り替えます。
いきなり度数の強いお酒を飲むのは控えましょう。

缶チューハイやビール程度で抑えるのも良いですね。
ただし炭酸の入ったお酒は早々におなかが膨れやすく、
食べ過ぎの原因にもなります。炭酸のないものがベターです。

STEP3つまり、おなかに何か入っている状態で、

炭酸のないアルコール度数の低いお酒を飲み、
物足りなければ強めのものを頼む、という順番を守れば
おかしな酔い方を防げます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ