震災後の住宅選びのポイント

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by tickiticki
震災後の住宅選びが「地盤」になってきています。どこが人気? 「液状化にならない“武蔵野地区・多摩地区がいい”と地盤優先」 ロケーション以外の要因が“選びたい”の理由になっているということらしいです。 震災後の住宅選びのポイントはなにがあるのでしょうか?

・改修工事(リフォームからリノベーション)、新築工事まで対応可能な建築士・米村先生への非公開質問も可能です


 ●既にOKWAVEに登録している方はこちらから

 https://okwave.jp/profile/u2819794.html?&slp=201803


 ●OKWAVEに新規会員登録をしたのち、質問する方はこちらから

(メールアドレス、Twitter、Facebookのアカウントで登録できます)

 https://okwave.jp/register

STEP1

【いままでの住宅はオール電化/高層階が人気。さて今は?】


いまは・・・

オール電化⇒停電に弱く、敬遠されるように
「1日何時間、停電すればこうしたシステムがすべて止まってしまう」

高層階より今は低層階の方が選ばれる。揺れ幅がすくないようです。
高層階は、大きく揺れて震度以上と聞いたことがあります。

STEP2

【住宅購入を調べる項目としてなにをあげますか?】


『「どんな土地だったか」を気にする人が増えたようです。

以前が川や田んぼだと地盤がしっかりしていないはずだ』との見方です。
地元の人なら、以前になにがあったかは知ってますよね。

STEP3

【昔の地図をみて、購入をした方がよさそうです】


住宅探しは、現在と過去の地図を手に出かけましょう。

まとめ

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ