妊娠中・授乳中のワクチン接種のポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:499
  • ありがとう数:0

はじめに

妊娠中・授乳中は健康管理に特に気をつかいますよね。
ワクチン接種のポイントをご紹介します。

STEP1<b>★ 妊娠中</b>

妊娠中に麻しん・風疹・水痘・おたふく風邪などの生ワクチンを接種することは
基本的にNGです。
妊娠していることに気づかない時期に生ワクチンを接種しても、赤ちゃんに悪影響が
出たという事例はないそうですが、予防接種を受ける時は、妊娠していないか確認
してから受けるようにしましょう。

また、受けた後2ヶ月くらいは妊娠しないように気をつけましょう。

インフルエンザワクチンなどの不活性化ワクチンは胎児への影響もなく
妊娠14週以降であればOKです。

妊娠中は新しい命を宿して、特に体調管理に気をつかいますよね。
ワクチン接種については産婦人科の先生と相談してから受けるようにすることも
大切です。

STEP2<b>★ 授乳中</b>

授乳中は全てのワクチンを接種しても問題ありません。
ただし出産後、体力が正常に戻る3ヶ月以降がbetterです。

STEP3<b>★ ママの健康が1番…</b>

ママの健康が家族の健康の中心になります。
ママがいつでも健康でいられるように、必要なワクチン接種を
計画的に行うようにしましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ