結婚式、引き出物の名披露目のお洒落アイデア

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:4820
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by kuroiusako
ひと味違った結婚式を演出したい方。引き出物もお洒落に決めたい方。引き出物の基本的な選び方と、引き出物の名披露目のラッピングアイデアです。

STEP1引き出物は3や5等の奇数個が一般的で、

基本的に
・記念品:メインとなる記念の品
・名披露目:2人の名前を覚えてもらう名刺代わりの品。
      昔は品物自体に名前を入れたが、現在ではのしに2人の名前(苗字より名が一般的)を書いて、包装する。
・お菓子
の3点を選ぶようです。
(地方によって様々ですので、ご了承ください。)

STEP2

最近のいわゆる手作り結婚式などでは、こういったものにこだわる必要もないのではないかとも感じます。
とはいえ、ご両親や親戚の手前、何もかも自分流というわけにもいかないですよね。
でも、せっかくペーパーアイテムやウェルカムボードも手作りしたら、
引き出物もお洒落にしたいと思いませんか?

STEP3

名披露目は1000円程度の、タオル、スプーン、お箸などが主流のようです。
中身はご自由に選んで下さい。

STEP4包装紙で包みます。

包装紙も自由に選ぶと楽しいですね。
例えば、
薄葉紙なら、少しシワ感が出て優しい風合いになりそうです。
グラシン紙なら、お洒落な雑貨屋さん風。
ろう引き紙なんて使用すると、アンティークなイメージです。
意外なところで、透明のOPPフィルムなんていうのもいいでしょう。
(写真は薄葉紙)

STEP5次に、パソコンを使用してタグを作ります。

Photo by kuroiusako
名前だけでなくちょっとしたメッセージを入れてもいいです。
フレームやモチーフなどの素材やフォントをダウンロードしたり、
スタンプを利用するとお洒落に仕上がりますね。

大きさは好みと品物の大きさとのバランスによりますが、名刺ぐらいの大きさにすると良いのではないでしょうか。
これをフォトマット紙などの厚紙に印刷します。
上部は紐を通すための穴をあける余白をつけて、カットします。
穴あけパンチで穴をあけておきます。

STEP6ラッピングした品物にヒモをかけます。

Photo by kuroiusako
サテンリボンや麻ひも、ラフィアなど包装紙に合うものを選びましょう。
(写真はラフィア)
最後に、タグを通して、蝶々結びをすれば完成です。

まとめ

これなら、印象も強く名前を覚えてもらえるかもしれませんよね。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

包装紙 厚紙 ひも

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ