働きアリの法則 知って納得する方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1521
  • ありがとう数:0

はじめに

みんなで一つの目標に向かって頑張っている時、サボっている人を見ると温度差を感じることがあります。
どうしてなのでしょう?

STEP1<b/>働くアリの理論</b>

組織論の中に、働きアリの理論というものがあります。
一つの集団の中では、良く働くアリが2割、普通に働くアリが6割、怠けているアリが2割になるというものです。

STEP2<b/>人間の行動にも共通</b>

これは働きアリの法則ですが、人間の行動にも共通する理論と言われます。
集団の大きさにかかわらず、同じ結果になるそうです。
100人の集団なら、20人が熱心に働き、60人が普通に働き、20人がさぼりがちになります。
5人の集団なら、1人:3人:1人ということです。

STEP3<b/>不滅の理論</b>

100人の集団の中の働き者ばかり10人を抽出して小さな集団を作っても、2:6:2の法則は変わらず働き者と普通に働くもの、怠けものの比率に分かれてきます。

STEP4<b/>発想の転換が必要</b>

集団の中でサボっている人がいると目についてイライラしがちですが、これは不変の法則であり、意思のチカラでは変えられないものと発想を転換すると、楽に過ごせます。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ