うつ病の予防法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:784
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
心をふさぎ込んでしまう前に、生活にちょっとした工夫をとりいれてみましょう。

STEP1脳のストレスをとる

人間の脳は、言語活動をつかさどる左脳と、
感覚的な活動をつかさどる右脳に分かれています。
悩みやストレスがあるときに働いているのは「左脳」です。

じつは右脳を刺激することで、働きすぎて疲れた左脳を自然と休ませることができるのです。

右脳を刺激するのにおすすめのが、味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚の“五感”を刺激することです。
普段の仕事ではしないような、音楽を聴いたり、料理をつくったり、絵を描いてみたり、きれいな景色をみるなどがおすすめです。

STEP2右脳を刺激するには

おすすめは、味覚、嗅覚、視覚、聴覚、触覚の“五感”を刺激することです。
普段の仕事ではしないような、音楽を聴いたり、料理をつくったり、絵を描いてみたり、きれいな景色をみるなどがおすすめです。

STEP3食事で栄養補給

「うつ病」の人に不足しがちな栄養素は、ビタミンB3、ビタミンB6だということがわかっているそうです。
ビタミンB3は、脳神経の働きを助けます。ビタミンB6はアミノ酸からセロトニンを合成するのに不可欠なものです。
これらが多く含まれるのは、マグロやカツオ、レバーなどです。
食品からとるのがむずかしい場合は、サプリメントを利用するのもいいでしょう。

まとめ

photo by 写真素材足成

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ