食べ物で“プチうつ”を予防

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by smap1
毎日の生活にチョットした工夫を取り入れるだけで、“プチうつ”を予防することができます。

STEP1朝食にはタンパク質をとりましょう。

心を安定させるためには、脳内ホルモンのひとつである「セロトニン」を分泌させることが重要です。
このセロトニンの原料になるのが、トリプトファンというアミノ酸です。
肉、魚、卵、大豆食品などのタンパク質はアミノ酸で構成されています。
朝食にタンパク質をとると体温が上昇し、体がうごきやすくなるうえ、頭の回転もよくなります。
多少のストレスにも負けない状態で一日をスタートすることが出来ます。

STEP2ゆっくり朝食が取れない方は、

1日の活力となる朝食は食べた方がいいので、簡単にパンなどで済ませる時でも、タンパク質を含んだ、豆乳をコップ1杯飲むだけでもおススメです。

STEP3糖分のとりすぎに注意!

適度な糖分は脳の疲労回復に効果的ですが、甘いお菓子を一度に大量に食べたり、食事代わりにするのは危険です。
急激に上がった血糖値が、その反動で著しく低下してしまいます。
血糖値の急激な増減は、しつこい疲労感や落ち込み、情緒不安定などの原因になることもあります。

まとめ

photo by 写真素材足成

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ