なんだか重~い。と感じたときの浄化する入浴法

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

Photo by かなさん
人混みから帰ったとき、
気が合わない人とあったとき、
嫌なことがあったとき、
気持ちも身体もなんとなく
ず~んと重く感じる時。

その重さをスッキリ洗い流して
さっぱりした気分で眠るための入浴法。

STEP1<b>お手軽バージョン</b>

いつも、お風呂はシャワーで済ませてしまう人でも手軽にできる入門編です。

スーパーなどで、自然塩を購入してください。
伯方の塩や赤穂の塩などの安めのものでも大丈夫です。

タッパーやジャムの瓶などなんでもあるもので構わないので、
自然塩を水に溶かしてください。
塩の量も水の量も適当な分量で大丈夫。だいたい塩に対して倍以上の水で
とかしてください。

作った塩水で全身を洗っていきます。頭も洗えます。
あとはシャワーで流すだけ。

肌が強い人であれば、直接塩を手にとって身体を洗ってもいいです。


昔からいろいろな場面で浄化のアイテムとして使われている塩のパワーで
今日一日のどんよりした気分もスッキリ!

STEP2<b>もう一手間バージョン</b>

湯船につかる。という人はもう一手間かけましょう。

一手間と言っても、やることはとても簡単。
自然塩をひとつかみお風呂の中にドボンと入れましょう。
気前のよい人は、ひとつかみと言わずもっとたっぷり入れても構いません。

塩がいろんなものをキレイに取り去ってくれます。


ちょっともったいないですが、浄化のために入ったお湯には
自分の中から取り去ってくれたネガティブなエネルギーが残っているので
1度の入浴で流してしまうようにしてください。

STEP3<b>さらにもう一手間バージョン</b>

ステップ2のでは自然塩のみいれましたが、そこに日本酒も加えます。
塩も日本酒もお好みの量で構いませんが、日本酒2~3合に塩1~2つかみ
くらいでも良いです。

ポイントは自然塩選びと同じく日本酒も合成酒でないものを選んでください。
原材料の中に醸造用アルコールというものが入っていないものの方がいいです。

日本酒も昔からいろんな行事にはかかせないアイテム。
自然塩と日本酒の組み合わせで、より綺麗サッパリ!清まって、
心地良く眠って元気よく目覚めたいですね!

まとめ

塩も酒も昔からある安全な食品ですが、肌の弱い方は加減しながら
挑戦してみてくださいね。

お風呂の中では、思考のモヤモヤも洗い流して、ウキウキ楽しいことを
代わりに注入しましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

自然塩 日本酒 塩を溶かす際に使う容器

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ