HTML 文書の DTD 宣言

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

HTML 文書は、基本的には W3C で定義されており、これを文書型定義 (Document Type Definition; DTD) と呼びます。 HTML 4 では、目的に応じて三つの文書の型を定義しています。

HTML 文書は DTD 宣言から始めなければなりません。本稿では、旧版との互換性を保つ為に過渡的に用意された移行型文書型定義 (Transitional DTD) を宣言することを前提としています。

HTML 4 の後継バージョンである XHTML 1.0 では、原則的には HTML 4 を XML で再定義しただけなので、次の三つの文書型が保存されています。これをモジュール化により再定義した XHTML 1.1 では、 Strict DTD だけをモジュール化しています。 XHTML 1.1 では、 Transitional の要素タイプと属性を利用したい場合は、自分で対応するモジュールを組み込んで宣言することで利用します。

STEP1HTML 4 Strict DTD

STEP2HTML 4 Transitional DTD

STEP3HTML 4 Frameset DTD

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ