嫌な部分で親に似ない方法

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:2586
  • ありがとう数:0

はじめに

「自分の親みたいには絶対なりたくない!」と思いながら、年を重ねて気付いたらそっくりな人間になっていたってケース、結構ありますよね。自覚していないだけで、周りから見たらよく似ているというケースも…。

親も人間ですから嫌な部分もあります。自分にマイナスになるような部分で似ないようにするには、どうすれば良いでしょうか?

STEP1<b>【似たくない部分を挙げる】</b>

親のどんな部分で似たくないのかを考えます。そして似てしまった場合、自分や自分の家族、子供、周囲の人達にどのような影響を与えるか、なぜ似たくないのかまでじっくりと考えてみましょう。

STEP2<b>【似ていないか分析する】</b>

自分が親の嫌な部分で似ていないか分析します。すでに似てしまっている可能性を、できるだけ冷静に客観的に自己分析してみてください。

STEP3<b>【兄妹に確認する】</b>

自分で分析するのはなかなか難しいです。やはり第3者の目も必要になってくるので、自分の兄・姉・弟・妹に、自分が親に似ていないかどうか聞いてみます。一緒に育ってきた兄妹は親の嫌な部分というのも知っているので、適役です。

STEP4<b>【子供に確認する】</b>

自分が親にされて嫌だったことを、気付いたら自分の子供にしていることは意外と多いので、「こういうことしてないかな?」と子供に聞くのが一番早いです。ただし、子供にとっては祖父母になるので、悪口にはならないよう注意しましょう。

まとめ

どんな親からでも、何かしら学べるポイントはあるはず。マイナス面だけ見るのではなく、プラス面も探してみましょう。もし何もなくても、「こうなってはいけない」例として貴重なレッスンを学んだことになります。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ