話上手になるための、心理的ポイント

  • ガイド ( How to )
  • 閲覧数:1046
  • ありがとう数:0

はじめに

口ベタな人は、何かと不便です。それがその人の魅力でもあります。しかし、話せるにこした事はありません。自分を守る事よりも、相手の気持ちを尊重する努力を。

STEP1会話という

「繋がり」を持ちます。

STEP2相手への

「思いやり」を抱きましょう。人間的な思いやりを抱く事で、その人を「尊重したい」という自発的心理が生じます。

STEP3言葉を、リズムで

感じます。言葉にならない呼吸や間も、大事な会話の一つなのです。

STEP4お互い

同じリズムで会話をします。相手に合わせる努力をしましょう。

STEP5慣れたら次は

「自分のリズムを構築し、相手を招き入れる。」というネクストステージに。ここまで出来れば、あなたは魅力的な話上手の一人となっている事でしょう。

まとめ

言葉は相手への「プレゼント」。喜ばれる間とタイミングで、素敵な贈り物を。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

必要なもの

思いやり、心の豊かさ、リズム感

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ