トビウオの食べ方

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

トビウオは、だしを取るのに使われたり、”くさや”にもなったりしますが、それ以外にもいろいろ楽しめるんです☆

STEP1<b>【トビウオの旬】</b>

トビウオはたくさん種類があり、それぞれ旬が違います。春に来るものを”春とび”、夏に来るものを”夏とび”と言われますが、だいたい、初夏から秋にかけて、出回っています。

STEP2<b>【栄養】</b>

トビウオは淡白な味ですが、高タンパクでヘルシーで、栄養も豊富です。”セレン”や”ビタミンE”が多く含まれていて、老化予防や、生活習慣病などにも良いと言われています。

STEP3<b>【調理のコツ】</b>

トビウオは、身に張りがあり、ウロコがはがれずにちゃんと付いていて、目が澄んでいるもの、色が鮮やかなもの、などをポイント選びましょう。

お店では、頭を落としてある物なども売られていますが、小骨が多いので、骨を除いて、三枚におろしてから、調理すると食べやすいでしょう。

STEP4<b>【レシピいろいろ】</b>

干物や、新鮮な物のお刺身の他に、塩焼き、照り焼き、唐揚げ、煮付け、などにしても、美味しく食べられます。味が淡白なので、味付けを少し濃くしても合うでしょう。すり身にして、お団子にしたり、さつまあげ、などにしても良いでしょう。冷めるとパサパサしたり硬くなったりするので、熱いうちに食べましょう。

まとめ

お寿司のネタのトビッコはトビウオの卵なんです♪

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ