貯金下手を脱却するために効果的な3つのルール

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

あれ、気付くとお金がない?っていう人、いますよね。

STEP1

突然大きく稼げるわけではないのですが、じぶんなりのルールをつくることで、少しずつ貯めることができます。チリも積もれば山となる!

STEP2効果的なルール1

■コンビニに行かない!

家が近かったり、帰り道にあってなんとなく寄ってしまう方も多いと思われますが、一番の無駄遣いスポットでもあります。お金をきちんと管理できる方はいいのですが、気付くとなくなっている!という感じの方は、コンビニに行かないようにしましょう。ATMで無駄にお金をおろしてしまうというのも防げます。総菜や飲み物を買うのも、スーパーにすれば安く済みます。

もちろん、友人といる時や、どうしても必要なものがある、急ぎの支払いがある時は利用しても大丈夫です。ただ、1人で特別な用も無いのに行くのだけやめましょう。

STEP3効果的なルール2

■カードは極力使わない!

お金のやりくり下手が目に見えないお金を使うのは結構危険なことです。手持ちがないけど欲しいからカードで買っちゃうのは控えましょう。一度帰って時間が経ってそれでも忘れられなかったらお金をおろして後日買いに行きましょう。もしもなくなっていたら、それは縁がなかったということでキッパリ忘れましょう。「もし無くなったら...」ということを考えているとキリがないですし、無駄な買い物を減らす機会にもなります。

STEP4効果的なルール3

■生活費は1~2週間ぶんおろしておく!

ちょこちょこおろしていると、たくさん使っている感覚がないというのと、目減りしているのがわからないため、お金を余分に使ってしまいがちです。1~2週間ぶんずつおろしてその中でやりくりしていくと、やりくりする力もつきますし、余分なお金も使わず済みます。またおろさなきゃ!ということをなくすため1週間の生活費がどのくらいかかるのか事前に計算しておきましょう。

まとめ

ギチギチにやっていくと続かない人もいると思うので、まずどれか1つでいいので取り入れてゆきましょう。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


感謝でトクする時代へ!感謝経済に参加しよう!

ピックアップ

ページ先頭へ