足の裏をしっかりつけて、痩せやすい体にするポイント!

  • ガイド ( How to )
  • ありがとう数:0

はじめに

足の裏をしっかりつけて、インナーマッスルを鍛えれば、痩せやすい体になってゆきます。

STEP1[足裏の3点とは]

足の裏の「親指の付け根」「小指の付け根」「かかと」に重心を均等において立ちます。この3点をつけて立てば、背骨を支えるインナーマッスルが鍛えられるのです。

STEP2[前に倒す]

両脚を肩幅くらいに開き、両手は体の横につけます。足裏が床から離れないようにできるだけ体を前に倒します。体重は親指に付け根と小指の付け根にのせます。

STEP3[後ろに倒す]

反対に、かかとに体重をのせて体を後ろに倒します。上半身だけが後ろに行かないように注意しましょう。

STEP4[左右に倒す]

最後に床から足裏が離れないように、左右にできるところまで倒します。

このユーザなら私の疑問や悩みを解決してくれそうと思ったら、
質問への回答をリクエストすることができます。

関連するタグ

特集


OKWAVE若者応援スペシャル企画

ピックアップ

ページ先頭へ